令和元年12月28日(土) 2019今月の一枚展まとめ(上半期分)♪

今年の今月の一枚展のまとめです。
こつこつ、何とか無事12枚並べられました。
1月から12月まで連続でご覧ください。
各店主の個性が浮かび上がってきます。

※昨年の2018ブログ商店街大賞に"今月の一枚展(1月~12月)"が選ばれました。
https://2005konkon.at.webry.info/201812/article_19.html

〇ブログ商店街 今月(1月)の1枚展のテーマ「初夢」♪

ブログ商店街で取り組んでいる共通テーマの写真展です。
各商店で今月の1枚として店先に掲載してあります。
各商店渾身の画像です。ぜひ見比べて下さい。

おじさん達の初夢はいろいろです。
チーズタッタカルビは、ちょっと無理筋かも?
元号改定の今年は、目を見開いて生きて行きたいです。

(遊)紺野商店 ◆「初夢」(新大久保で初日の出)
https://2005konkon.at.webry.info/201901/article_2.html

新年早々、世間では松の内と云うんでしょが。
平成自然文化研究会のおじさん達と新大久保で初夢を見てきました。

まだ正月なのか、新大久保の街は人人であふれていました。
日韓問題がこじれているというのに、民間外交は花盛りです。
渋谷の交差点にも負けていない人混みです。

とりあえず、一時間ほど並んでお約束の韓国家庭料理屋さんに潜入。
何だかわかりませんが、今年の初夢を見てきました。

画像

ギャラリー静河 ◆1月のテーマ 「初夢」
◆タイトル 「ドローン撮影」ヘリコプターに乗らずとも、ドローンで簡単に鳥瞰写真が撮影できる時代となりました。
今年は何としてもドローン撮影を目指しますよ。
https://t-shizuka.at.webry.info/201901/article_2.html

今日からお役所は御用始め。民間では4日も休みで7日から仕事始めをする会社もあるようですね。そんな中、ギャラリー静河は律儀に今日から始動開始ですよ。

新春の出来事は恒例の七福神めぐりで、☛ 昨年は山手七福神めぐりでしたが、今年は超ローカルな伊興七福神めぐりでした。

画像

くりくりファーム那須 ◆「初夢」(あしかがフラワーパーク)
https://kurikuri2816.at.webry.info/

画像

晴飲雨呑庵  ◆「初夢」(花は咲き鳥は歌う)
https://seian.at.webry.info/201901/article_2.html

夢十夜、昔は不可思議で甘美な夢を多く見た、今では過ぎ去った現も幻のように霞みすべて夢のまた夢だったような気がします。

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「初夢」猪突猛進!今年は伸びきった精神と腹を引き締める決意です。
https://hyotannamazu.at.webry.info/201901/article_1.html

2019年1月1日は雲一つない快晴で、年の初めにふさわしい好日でした。近くの神社に初もうでです。昼前には善男善女の長い列が出来ていました。

しばらく更新してなかったので、少々無理筋の内容です。イノシイの置物が大掃除で発見され、すべてここからの発想です。

画像

〇ブログ商店街 今月(2月)の1枚展のテーマ「春待つ」♪

本格的な春になって来ました。
毛布みたいなコートが邪魔で生姜ありません。

おじさんたちの春待つです。
静河さんの春待ちレシピが絶品です。
ふきのとうから日向カメまで春の予兆を感じて下さい。

(遊)紺野商店 ◆「春待つ」(菜花じゃなくて菜の花だよ)
https://2005konkon.at.webry.info/201902/article_11.html

春の気配がしてきました。
13℃まで上がって、ポカポカ模様です。
丸亀うどんを食べて、池袋事務所の28℃設定は、どうかと思います。

バレンタインも終わって、どこもかしこも桃色模様になって来ました。
桜満開まで一直線です。

画像

ギャラリー静河 ◆2月のテーマ 「春待つ」*タイトル 「冬ぼたん」
ワラボッチの冬牡丹の脇で、春の芽吹きを待つ冬芽の春牡丹がじっと雪に埋もれています・・。
https://t-shizuka.at.webry.info/201902/article_15.html

2月になり東京の菜の花も満開を迎えております。またスパーの野菜コーナーには季節限定の菜の花が入荷しており、どこもかしこも菜の花づくしです。

そんなことで久々におやじのレシピで菜の花料理に挑戦し、人肌酒で美味しくいただきました。

画像

くりくりファーム那須 ◆「春待つ」(土手のふきのとう)
https://kurikuri2816.at.webry.info/201902/article_1.html

50日ぶりに那須に戻ってきました。いつもは少しは雪があるが、今年はまだ雪が降っていません。
しかし遠くに見える那須山麓にはうっすらと雪がありました。
 
画像

晴飲雨吞庵 ◆「春待つ」(猿猴草「立金花」キンポウゲ科の多年草)
https://seian.at.webry.info/201902/article_1.html

猿猴草(流金花) キンポウゲ科の多年草、茎を猿の手足になぞらえてエンコウ草と呼ぶとのこと、言われてみれば・・・良く解らない。
春は名のみの寒い日々も終わり週明けより名実ともに春となるようです、気温の変化に注意し体調万全にしてお過ごし下さい。

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「春待つ」
寒気が去って陽ざしが暖かい。海老川のカメたちは春を待ちわび甲羅干し。首を長ーくして春を待つ。
https://hyotannamazu.at.webry.info/

画像

〇ブログ商店街 今月(3月)の1枚展のテーマ「春日和」♪

本格的な春模様です。日向を歩くのが心地よいです。
冬を乗り切ったおじさん達の日向模様を楽しんで下さい。

(遊)紺野商店 ◆「春日和」(尾久の原公園の菜の花)
https://2005konkon.at.webry.info/201903/article_12.html

週明けの月曜日です。
いつもなら気持ち悪いんですけど、今日は調子いいです。

とうとう春本番です。今週中に桜も開きます。
コートも脱いで、身軽に街を歩きます。

画像

ギャラリー静河 ◆3月のテーマ 「春日和」*タイトル 「三浦海岸の河津桜」まだ寒さが残る春先に満開を迎えるカワヅザクラです。濃いピンクが鮮やかです。」
https://t-shizuka.at.webry.info/201903/article_9.html

伊豆の河津町で有名になったカワヅサクラが、ソメイヨシノの先立ち、2月の初旬から3月にかけ、チョイ肌寒い頃に満開になります。

第三のビールが市場を席捲したように、いまや河津桜が早春をピンク色に染め上げ、多くの人々を集めているようです。第三のお花見と言ってよいかも知れません。

そんなことで、春まだ浅き弥生の花見で、河津桜を愛でてきた次第です

画像

くりくりファーム那須 ◆「春日和」(畑にフリージアをいけました。歩行者が不思議な目で見ていました)
https://kurikuri2816.at.webry.info/201903/article_2.html

ジャガイモを植える時期になりました。今年は例年よりも暖かい。
早速、畑の畝づくりを行いました。最後はマルチを張ります。
4月下旬頃、芽が出てくるのでその時マルチを少し破って成長させます。

画像

晴飲雨呑庵 ◆「春日和」(白椿)
https://seian.at.webry.info/201903/article_1.html

静かに咲いて果てるのをただ待つ、人生も同じようです。
妖艶な花にはやがて人を破滅の淵に追い込むような力があるのかも知れません、畑の土の中でもがくのは止めることにしました。

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「春日和」春の陽が降り注ぐ芝生広場。子供たちは元気に駆け回る。残されたリュックたちは陽光のなか主人の帰りを待っている。
https://hyotannamazu.at.webry.info/

画像

〇ブログ商店街 今月(4月)の1枚展のテーマ「行く春」♪

思わぬ真冬に戻ってしまいました。
今日は温度差と戦います。

今回は、春の空模様のように色とりどりです。
これからの飛躍を期待します。

(遊)紺野商店◆「行く春」(春キャベツとシラスのペペロンチーノ)
https://2005konkon.at.webry.info/201904/article_6.html

週明けの月曜日です。
暖かくなってきたので、自律神経は快調です。

お洒落なパスタ屋さん
春キャベツとシラスのペペロンチーノ

画像

ギャラリー静河 ◆4月のテーマ 「行く春」
行く春といえば、芭蕉の奥の細道の旅立ちの句 「行く春や鳥啼魚の目は泪」を思い起こします。写真は奥の細道で鶴岡の羽黒山を登る芭蕉像です。 

https://t-shizuka.at.webry.info/201904/article_5.html

≪芭蕉の「行く春や」≫
平成の桜は明日、明後日が最盛期で、来週には散り始めて終わりを告げます。新元号施行の頃は、春が去り新緑の初夏を迎えます。
そんなことで、ブログ商店街の ☛4月の1枚のテーマは「行く春」に決まりました。

画像

くりくりファーム那須 ◆「行く春」(楽しませてくれた桜も散り、隅田川に流れ東京湾に行きます)
https://kurikuri2816.at.webry.info/201903/article_4.html

帝京大学校舎がある石神井川沿いを散歩しました。
川沿いの歩道は良く整備されています。今は桜で多くのギャラリーで賑わっています。

画像

晴飲雨吞庵 ◆「行く春」(はなもも)
https://seian.at.webry.info/201904/article_1.html

寒の戻りに行く春を感じる余裕も無かったのですが風のなか花は咲き木々は芽吹きの時を迎えました、明日からは行く春を実感し初夏を予感できるような気候となるようです。

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「行く春」
サクラの季節が終わるとオオバンは北の故郷に帰っていきます。
いつもユーモラスな姿と鳴き声で楽しませてくれる愛すべきバンチャンと もうすぐお別れです。

https://hyotannamazu.at.webry.info/201904/article_1.html

マンションの廊下から見た海老川は今年もピンクの龍が現れていました。
これはサクラが満開になった証拠です。
春爛漫の海老川。子どもたちは小さなシートで席の取り合いオシクラマンジュウをしています。
浅瀬ではオオバンが行く春を惜しむように藻をついばんでいます。

画像

〇ブログ商店街 今月(5月)の1枚展のテーマ「令和初め」♪

暑い暑い!本格的な夏模様です。
そうめんの季節到来です。

令和も始まってしまいました。次の改元には立ち会えないでしょう。
おじさん達の普通の改元お楽しみ下さい。

(遊)紺野商店 ◆「令和初め」(丸亀製麺でげその天ぷらを元から齧って、冷たいざるうどんで令和初めです)
https://2005konkon.at.webry.info/201905/article_2.html

あーぁ10連休疲れました。
体の調子がままなりません。自律神経もいっぱいいっぱいです。

実際の令和初めは今日からです。
さて、最初にやってしまったのは?

お約束の丸亀製麺でげその天ぷらを元から齧って、冷たいざるうどんで令和初めです。

画像

ギャラリー静河 ◆5月のテーマ 「令和初め」
「令和」は日本に現存する最古の歌集「万葉集」からで、国書に由来する元号は初めてとか。安倍首相も色々と頑張ったようで、国書由来の首相肝いりの元号だそうですね。

https://t-shizuka.at.webry.info/201905/article_1.html

30年はひと昔と申しますが、昭和天皇が崩御され「平成」へ、平成天皇の禅譲で「令和」へと2度の改元を経験できました。

今般の改元にあたり、ブログ商店街の今月の1枚のテーマは令和に敬意をはらい 「令和初め」 としました。

画像

くりくりファーム那須 ◆「令和初め」(令和になりました。これから輝く時代に)
https://kurikuri2816.at.webry.info/

我が家の畑には毎年カエルが冬眠します。居心地が良いのか相当数います。
今年は暖かいので冬眠から覚めていなくなっていることを願い畑を耕しました。

画像

晴飲雨呑庵 ◆「令和初め」(クレマチスにティアラもどきをアレンジして祝意を表しました)
https://seian.at.webry.info/201905/article_1.html

令月5月「令和」時代を迎えた、平和な御世であることを願いながら気淑く生きたいものです。

クレマチスにティアラもどきをアレンジして祝意を表しました。

恥ずかしながら齢72を迎えた、かくも長き日々醜態を晒しながらも一応無事生きてきた、御かげさまで今年もまた手作りのケーキを頂戴し賞味することが出来たのです。(合掌)

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「令和初め」
我が家の庭のエビネの花、昭和、平成を生き続け、令和初めての花を咲かせました。

https://hyotannamazu.at.webry.info/201905/article_1.html

3つめの花は我が家の庭からです。初めてこの花に気が付いたのはほぼ50年前、当時は広かった庭の片隅でひっそり咲いていました。なんてきれいな花だろう思い、始めてエビネという日本のランであることを知りました。当時花柱は1本でした。ほぼ半世紀を経て、これだけ増えました。

画像

〇ブログ商店街 今月(6月)の1枚展のテーマ「紫陽花」

どんよりとした曇り空です。
天気の急激な変動も今日までみたいです。
何事もないように過ごします。

紫陽花も、変な猛暑で出遅れです。
よく見ると、結構あちらこちらに咲いています。
おじさん達の行動範囲の紫陽花をお楽しみ下さい。

(遊)紺野商店 ◆「紫陽花」(雨のあじさいトラム)
https://2005konkon.at.webry.info/201906/article_6.html

異常な猛暑にやられていた紫陽花も復活です。
都電沿線にも、あちらこちらに紫陽花が咲いています。

それでは、アド街ック天国風に都電荒川線紫陽花コレクションです。

画像

ギャラリー静河 ◆6月のテーマ 「紫陽花」
梅雨に入り、アジサイやハナショウブなどが雨に映える季節になりました。花屋の店先に真っ赤なアジサイが紫陽花の絵と一緒に展示されていました。

https://t-shizuka.at.webry.info/201906/article_7.html

ブログ商店街を飾る今月の1枚は「紫陽花」ですが、新宿御苑のアジサイ撮影はチョイ無理でした。
そんなことで花屋の店先で真紅のあじさいを見つけたので、これを今月の1枚にしました。 バックに紫陽花の絵の額縁が何気に置かれ、お洒落な展示でしたよ。

画像

くりくりファーム那須 ◆「紫陽花」(那須街道脇の紫陽花)
https://kurikuri2816.at.webry.info/201906/article_1.html

那須も過ごしやすい季節になってきました。周りの風景も緑多く落ち着いた感じです。
4月は冬眠から覚めてまだ茶色だったカエルも、今はすっかり本来の緑色になっています。

画像

晴飲雨呑庵 ◆「紫陽花」(アジサイは雨に咲く花の心象があります、来し方を偲んで万感の思いで見詰める人の姿が映ります。)
https://seian.at.webry.info/201906/article_1.html

遣り切れない事件・事故が続いています、殺伐とした時代となりました今こそ良識有る熟年賢者の出番の時が来ました。

画像

ヌラリひょうたんなまず ◆「紫陽花」
向かいのマンションで撮りました。紫陽花とビョウ柳、梅雨の季節を鮮やかに彩ります。

https://hyotannamazu.at.webry.info/

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2019年12月29日 01:12
今年の今月の一枚の取りまとめありがとうございます。
光陰矢のごとしで、あっと言う間に過ぎ去った1年でした。
こう並べてみると、なかなかおもしろいですね。
紫陽花のような具体的テーマだと絵が揃ってしまいます。
やっぱし抽象概念のテーマが個性がでておもしろいですね。
下半期のレポートよろしくです。
konkon
2020年01月07日 14:46
静河さん、穏やかな年の瀬です。
振り返ってみると、皆さん面白い画像を載せています。
下書きから、現時点の時間で公表する技が分かりました。
1月の寄合でお知らせします。